イメージ 1
九年庵 秋の一般公開について(平成29年11月15日〜23日 )

朝早めに出かけてスムーズに入園できました


イメージ 2
駐車場に到着
駐車料が500円
挨拶と共に徴収

止める所もまだ十分あります
ここからシャトルバス~九年庵まで無料です(10分程)

イメージ 3
到着です
観光バスも到着してました
空気がヒンヤリ

イメージ 4
整理券をもらって
九年庵へと向かいます


イメージ 5
九年庵に入りました
入口写したかったのですが混雑して中へと


九年庵は県出身の実業家伊丹弥太郎の別邸と庭園であり
総面積6800平方メートル国の名勝に指定されてます
1900年(明治33年)から9年の歳月と巨費をかけて築造
もみじ類などの60種700本の樹木や約40種のコケ類が
季節ごとにさまざまな彩りを見せてくれる


イメージ 6
この日まで冷え込みも少なく紅葉はどうかしらと
迷いましたが
ゆっくり見て回るのには暖かい方がいいかもと思って
お休みを頂きました
全ての木々が紅葉するわけではありません

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9




イメージ 10
数寄屋造りの茅葺きの建物や庭石の配置、
  カエデなど様々な植樹が実に見事である (ネットより)
                               




イメージ 11



イメージ 12


イメージ 13
庵の竹のお縁側に座って庭を眺め
あと数日経ったらもう少し紅葉していたかも

イメージ 14
この苔が京都以西の西日本では髄一の苔庭なんですよ


イメージ 15


イメージ 16
数寄屋作りの裏
ここはトイレなんですが
上も撮りたくって下が写ってないけど
渡り廊下でつながってます

話では、昔の大名や宮中の畳み敷の厠はこんな造りだったようだ。 昔の日本人は汚い厠まで、こんなに美化してしまうのだと、つくづく感心せざるを得ない。
                                           (ネットより)


出口が見えましたので
ゆっくりお庭を見ながら出ました

昨夕から気温も低くなり
週末は師走の寒さになり
来週も寒いみたいですね
九年庵もちょうど見頃になるかと思います

九年庵
佐賀県神埼市神埼町



後日
おまけ アップします